プロペシアの副作用を知っておこう|薄毛解決に効果アリ

気になる症状と専門医師

頭

医薬品の効果

AGA治療に利用されるプロペシアは、AGA専門クリニックや皮膚科などで処方を受ける事が出来る医薬品で、AGAの原因を作り出す5α-還元酵素を阻害させて、抜け毛を生じさせてしまう強制脱毛ホルモンのDHTを抑制させる効果を持ちます。プロペシアを服用する事で発毛を期待する事が出来る理由は、毛周期と呼ばれている毛の生えるサイクルを正しく出来るからです。AGAの症状を持つ人と言うのは、強制脱毛ホルモンの働きにより毛周期が狂い、通常3年から5年と言う成長期を僅か数か月にしてしまうため、抜け毛多くなり薄毛の症状を引き起こすことになります。しかし、プロペシアの作用は強制脱毛ホルモンに変換させてしまう酵素を阻害するため毛周期が正しくなり、抜け毛の防止が出来、発毛に繋げる事が出来ると言う事です。

気になる症状

プロペシアには男性機能を低下させてしまうと言う副作用が在ると言われています。医薬品と言う事からも何らかの副作用が起きる可能性が在りますが、AGAは20代から30代の若い男性に多い薄毛であり、子作りを控えているなどの理由からも、男性機能低下の副作用はリスクが多いと言えます。尚、プロペシアの副作用は男性機能低下だけではなく、腹痛や下痢、頭痛、眠気などの症状が起きるケースが在ると言われていますし、副作用による症状は個人差が在り、強く出る人もいれば弱い人もいるわけです。男性機能低下と言うのは精子量の低下や性欲の減退、勃起不全と言った症状が起きるリスクが在りますが、気になる症状が起きた場合は、かかりつけの医師に相談をすることが大切です。